赤ニキビにオススメの市販薬は?

赤ニキビの治療法のひとつに、市販の塗り薬を使用するという方法があります。

 

皮膚科の病院に行くよりも手っ取り早く治療することができるので、多くの人が市販のニキビ治療薬を使用しています。

 

現在ではニキビ治療を目的とした市販薬が非常にたくさん販売されています。

 

皮膚科で処方される薬に比べると効果は抑えられているものの、殺菌成分や抗炎症成分などが配合されているので、ニキビの悪化やニキビ跡を予防する効果があります。

 

市販のニキビ治療薬としてよく知られているものには、「アクネス」「ピンプリット」「オロナイン」などがあります。

 

「オロナインは赤ニキビに効く」は本当か?

 

ニキビ治療を目的とした様々な市販薬の中でも、「オロナインH軟膏」は、昔から親しまれているだけではなく、赤ニキビの治療に特に効果があると言われています。

 

これは単なる噂話や都市伝説などではなく、実際、「オロナイン」には消炎・殺菌効果があるため、細菌が繁殖し、炎症を起こした状態のニキビ、つまり「赤ニキビ」の治療に効果があるのは事実なのです。

 

しかし、これを言い換えれば、「赤ニキビには効くけど、白ニキビや黒ニキビには効かない」ということでもあるのです。

 

「白ニキビ」や「黒ニキビ」は、過剰に分泌された皮脂が毛穴を詰まらせている状態なので、「オロナイン」に含まれる油分がさらに毛穴を覆い、症状を悪化させる可能性があると言われています。

 

そのため、「オロナイン」はどんなニキビにも効果があるわけではないので、自分のニキビが白・黒・赤のどのタイプなのかを見極めたうえで使用することが大事です。

 

「オロナイン」にはステロイドが含まれている!?

 

「オロナイン」は赤ニキビに効果があるものの、ネット上などでは「オロナインにはステロイドが含まれているから危ない」といった書き込みがよく見られます。

 

「ステロイド(外用剤)」とは、副腎皮質が分泌する「糖質コルチコイド」の合成類似薬で、強い抗炎症作用があることから、アトピー性皮膚炎の治療によく用いられるものです。

 

しかし、皮膚萎縮やステロイド紫斑、ステロイド潮紅、毛細血管拡張など様々な副作用があらわれる恐れがあります。

 

こうしたことから、ステロイドが含まれていると噂される「オロナイン」も危険があると囁かれているわけです。

 

しかし、これはまったくのデタラメで、「オロナイン」に「ステロイド」は含まれていません。

 

では、なぜ「オロナインにはステロイドが含まれている」というデマが広がってしまったのでしょうか?

 

それは、「オロナインH軟膏」の名称の中に、「ステロイド」を含む外用薬の商品名「ヒドロコルチゾン」の頭文字である「H」が入っているためです。